鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

20th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

ハナサクモリの芸術家たち

広島市西区にある泉美術館で開催されていた、

「ハナサクモリの芸術家たち」という展覧会に行ってきました。

 

 

「ハナサクモリ」というのは、アート活動に力を入れられている、

社会福祉施設・太田川学園にあるギャラリーの名前だそうです。

あいさつ文には、こう書かれていました。

 

—木々と川、そして光。

自然に抱かれて、作品群が花のように咲いている。

私たちは、それを、あるがままに受け取る。

この名前には、そういう願いが込められています。—

 

あふれるばかりの創造力によって生み出された作品は、

誰にも似ていない、その人だけの作風と色づかいで描かれています。

「いのちの花」という言葉が、ふと心に浮かびました。

 

 

太田川学園では、300名余りの利用者のうち約4分の1が、

絵画や書などの制作活動に参加しているそうです。

今回の展覧会では、その中から5名の絵画作品が展示されていました。

施設の仲間たちから「巨匠」と呼ばれ、

国内外の展覧会でもその名を知られている方々や、

太田川学園の壁という壁に不思議な壁画を描き続けている方など・・・。

作品とともに制作風景の動画も公開されていて、

その独創的なアートが生まれる貴重な瞬間を見せていただきました。

 

 

泉美術館での展覧会は6月10日で終わってしまいましたが、

いつか太田川学園の「ハナサクモリ」にもおじゃましたいと思っています。