鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

20th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

秋のギャラリーで「語りの会」

こんにちは。kakukakuです。

 

みなさんは、秋の夜長に読みたい本がありますか。

いつもは黙読している本を「語り」で聴くと、

いつもとは違う想像の扉を開いてくれるようです。

 

 

広島県立美術館の向かい側にあるギャラリーGで開催中の

「第1回 竹元恵美子 語りの会」に行ってきました。

竹元さんは主に広島で活躍している役者さんです。

美しい声とことばで語られる名作の世界を、

音楽と美術とのコラボで、観せて、聴かせてくれる会でした。

 

 

演目は、田辺聖子の「姥処女〜「姥ざかり」より〜」と、

芥川龍之介の「薮の中」。

昭和の大阪を描いたコメディと、中世を舞台にしたミステリー。

対極にあるような物語ですが、竹元さんの語りは、

二つの世界に「声」で私たちをいざなってくれます。

「薮の中」は、黒澤明監督の映画「羅生門」の原作としても有名ですね。

語りの枠を超えた一人芝居のような話芸で、

観客を薮の中に引きずり込んだ竹元恵美子さん。お見事でした!

 

「第1回 竹元恵美子 語りの会」は、

今日11月5日(日)の14時からの公演が千秋楽です。

(当日券はワンドリンク付きで4,000円)

みなさんも、お出かけになってみませんか。