鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

23th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

平和大通りの木々に感謝を

こんにちは。kakukakuです。

 

いつもより静かな8月6日とお盆でしたね。

 

あの日から75年目の夏。

「75年は草木も生えぬ」と言われた広島の街は今、

その言葉をはね返すように美しい緑があふれています。

 

戦後、焼け野原に整備された平和大通りは、

「供木(きょうぼく)運動」によって

たくさんの木を植えることができたそうです。

昭和31年頃、県内の市町村に樹木の提供をお願いしたところ、

多くの団体や個人から樹木や苗木が寄せられたとか。

 

 

そのとき、広島市が供木を呼びかけたポスターには、

緑があふれる道をイメージしたビジュアルに

こんなメッセージが書かれていました。

 

「夢みる20年後の広島」

 

そして、広島市を生気とうるおいのある緑の街にすることは、

平和を希望する全世界の人々の切なる要望であり、

そのためには皆さんの供木を・・・と呼びかけたそうです。

 

 

20年後の緑の街を夢見て供木をされた方々のおかげで、

平和大通りは木漏れ日の道になったのですね。

 

ありがとうございます。今年の夏も、緑は輝いていますよ。