鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

23th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

コロナ禍の秋祭り

こんにちは。kakukakuです。

 

10月28日と29日、広島市の平和大通り沿いにある

「白神社」の秋季例大祭が執り行われました。

例年は、神楽や舞踊などが奉納されるのですが、

今年はコロナ禍のため、祭事の規模を縮小されたようです。

 

 

この二日間は、感染症の拡大防止対策として

手水の使用も中止され、消毒液が置いてありました。

 

 

マスクの着用や手指の消毒、密を避ける動線など、

コロナ禍の参詣に対する配慮が、境内のそこかしこに。

「こんな時だからこそ、お参りしたい」

という人も多いと思うので(私もその一人ですが)

こうした対策をしていただけるのは、ありがたいことです。

 

 

白神社の境内には、75年前の8月6日にここで被爆し、

焼け残った根元から新しい芽を吹き返して、

今も生き続けている大きなクスノキがあります。

多くの広島市民にとって、

再生のシンボルになっている被爆樹木の姿は、

いつ見ても勇気づけられます。

 

 

白神社にお参りされるときには、

社殿の脇に立つこの被爆クスノキにも、

会いに行ってみませんか。

きっとチカラをいただけると思いますよ。