鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

23th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

「夏越の祓」の「茅の輪くぐり」

こんにちは。kakukakuです。

 

一年の半分が過ぎようとする6月30日は、

「夏越の祓(なごしのはらえ)」と呼ばれる神事が、

各地の神社で行われます。

 

この時期には、穢れを祓い清め、無病息災を祈願しながら

茅草で作った大きな茅の輪(ちのわ)をくぐる風習があり、

私も近くの神社でぐるぐるさせていただきました。

 

 

茅の輪をくぐりながら唱える言葉があるのですが、

くぐり方と言葉を教えてくださる紙が、

茅の輪につけてられていました。

 

「水無月(みなづき)の夏越の祓をする人は

千年(ちとせ)の命延ぶ(いのちのぶ)と言う」

 

水無月は6月の別名で、夏越の祓は水無月祓とも呼ばれます。

 

 

「昔より 疫病退散、疫病鎮静の御利益があると

言い伝えられています」とも書いてありました。

うーん、心強い!

 

そういえば、茅の輪くぐりはスサノオノミコトが

「疫病が流行ったら、茅の輪を腰につければ免れることができる」

と教えたという、神話に由来する行事だと聞いたことがあります。

 

茅の輪くぐりをさせていただいたおかげで、

この夏を乗り越えるチカラを頂戴したと信じて、

新しい日常を元気に送りたいと思います♪