鳥取県西部・島根県東部・広島県の製造業・物流業の求人や派遣の仕事を探すなら【日本コンコードシステム】

23th 人の力を、地元の力に。

ききみる日記

よみがえった鐘の音

こんにちは。kakukakuです。

8月6日、広島市の中央公園(ハノーバー庭園)にある「平和の鐘」が、

66年ぶりに広島の空に響き渡りました。

戦後、焼け跡から集めた金属も鋳込んで造られたというこの鐘は、

昭和24年に行われた第3回平和祭(現在の平和記念式典)以来、

一度も鳴らされたことがなかったそうです。

式典の会場が中央公園から平和記念公園に移ったこともあり、

長い間、忘れられた存在だったとか。

そういう私も、この場所を何度か通り過ぎたことがありますが、

鐘の存在に気をとめたことはありませんでした。ごめんなさい!

初代「平和の鐘」は盗難に遭って行方不明になり、

現在吊るされている鐘は2代目だとか。

(ちなみに、平和記念資料館に展示されているのは5代目の鐘です)

被爆70年を迎えた今年、

世界の平和を願う市民の皆さんの手でよみがえった「平和の鐘」は、

これからも毎年8月6日に打ち鳴らされるそうです。

そして、今日8月9日は長崎の祈りの日です。

以前、長崎の平和公園を訪れたときに見た鐘のことを思い出しました。

「長崎の鐘」という随筆を書かれた永井隆博士の記念館を訪れたあと、

その鐘の前でしばらく空を見上げていたことも・・・。

*     *     *

広島と長崎の願いを託された鐘の音が、

どうか世界に届きますように。未来の空に響きますように。